遁世雑記其ノ二十 「ゼミ選択葛藤記(前編)」

(2011年6月記 改稿)



ゼミと云うのは大学生が少人数教育の下、専門科目の知識を身に付けたり、人生経験を豊富にしたり、新陳代謝を上げたり、合コンで良い女の子をお持ち帰りしたりするアレである。
俺の大学の学部では、ゼミは二回生の後期から始まる必修科目であり、ゼミの教師・学生とは二年半を共にすることになる。
よって、その選び方は慎重でなければならないわけであって、間違ってもダーツで決めたりしてはいけないんだけども、このゼミ選択というのが実に億劫であった。


何せ大学というのは高校と違い、各々が自由に授業を選ぶものだから、友人同士がお互いに同じだけの教授を知っているとは相限らぬのであって、要するに俺なんぞが「U准教授いいよねー、俺あのゼミ行こうかなー」と云ってみたところで、U准教授の授業を受けたことのない、ましてや存在すら知らぬ友人からすれば「誰やねんそれ、それよりH准教授の方がええやろー」となるわけである。しかし察しの通り、俺はH准教授を存ずるところではなく、この時点でゼミ選択における公平性が失われているのである。

ゼミ選択がいかに重要かと云うのは私の友人を例に出すと分かりやすい。
例えば関東に在住の友人Wなんぞは、ゼミの担当教員が厳しかったために卒論で手一杯で就活に失敗した。
また北陸に在住の友人Hは、派閥のあるゼミ教員に付いてしまったため、中間報告会では対立する派閥の教授に徹底批判されて大喧嘩になった。
或いは北海道に在住の友人Sはオリジナルレシピを書いた卒論を提出した

このように、ゼミ選択によって今後の学生生活にも何らかの影響を及ぼすことは目に見えて明らかである。
そうなると俺の脳裏によぎるのは、
「もし俺が良いと思っているU准教授が大失敗で、H准教授のゼミが最高だったらどうしよう」というジレンマであって、
そうなった場合は、U准教授のゼミが葬式ばりにしめやかに執り行われている間に、H准教授のゼミは大乱交パーティなんてやってる様を嫉妬の眼差しで見ながら発狂して爆死することになるんだけども、H准教授のゼミが乱交をやるとは限らぬのであって、こうも怯えていては夜中に一人でトイレも行けないと頭をかかえて畳の上を害虫の如く転がりまわる日々である。

話しは少しばかり遡り、2011年の6月頃というのは大学生活に慣れてきて怠惰が発生し始め、月曜から金曜の五日間、全て遅刻する週もあるという有様であった。
特に水曜の2限、M教授の授業へ行くのには特に足取りが重く、決して苦痛な授業では無いんだけども、まぁ何と言うか、要するにものすごく苦痛な授業なのである

しかし何たることかある日のこと、何故か「そうだ、今日はあの授業に行こう」と思い立ったのである。
俺はかつて、「ふと思いついたことがあればすぐに実行に移しなさい、背後霊様が導いてくださっているのよ」どこの誰かも分からないクソババアに突然説教されたことがあるため、これも人生の教訓なのだと受け取り、この授業に赴いたのである。

さて、このM教授というのが美輪明宏も驚愕して鼻血を出すほどの人生経験者で、
情報学、定量評価学、環境学、統計学を研究し、砂における宗教を多岐に渡って書物を漁り、ギリシャ語、ヘブライ語、アラビア語に明るく、戦争研究においての韓国語にも感興があり、キリスト教や仏教を研究する傍ら、バレー、ラグビー、テニス、スキーなどにも興じ、アジア、アフリカ、アラブの国を旅行するのが趣味であり喜びというとんでもなく博識で多趣味な人物なのだが、おかげで授業では何を言ってるのか全然分からない

五分前には仏教の話をしていて、ちょっと目を離した隙に今度は竪穴式住居の話をしており、もう何がなんだか分からない。

しかし、どこの誰かも分からないクソババアに受けた助言を無駄にしないよう、M教授の話にしっかりと耳を傾けていたのだが、ここで思わぬ言葉を聞いた。

「最近は日本も変わってしまって、就活とか、企業訪問とか、どうもせせこましいと云いますか、これも時代の流れと受け止めなければならないんだけども、もう少しゆったりとできないものですかねぇ。学生には、この学生の期間を大事に使って、社会に出た後のことよりも、もっと今しかできないことを色々やってほしいと思うんですよ。今ではこれじゃ、職業訓練所みたいなものですよ」

ここで、俺の頭の中で何かが音を立てた。素晴らしい。その考え方に俺は共鳴するぞM教授。
つまるところ、これまでの人生で勉学をほとんどしてこなかった俺が発言する権利など無いんだけども、ちょっとだけ云わせてください、嗚呼、ありがとう、要するに俺も最近の大学や就活の在り方を疑問視していたわけであって、それをこの教授が端的に説明してくれて、俺はどひゃひゃひゃひゃひゃとなったのである。

ここで、あのクソババアの助言が耳に浮かんでくる。
そう、俺はこの教授のこの言葉を聞くために、偶然にも早起きして授業に赴いたのであって、
それはつまり、俺がこの教授のゼミに入れば人生がうまくいくのだというご先祖様一同からのメッセージだったのである。
くくくくく、これで俺は人生怖いものなし、同じ考え方を持つM教授のゼミに行けば、
俺はプール付きの豪邸を持ち、映画鑑賞が趣味の年上でメガネでクールで変態な女性と結婚して、
その奥さんとミヒャエル・ハネケの「ピアニスト」を観ながら「この女性、マゾヒストだわ!!」と叫びながらビンタしたり、
はたまたデヴィット・リンチの「ブルー・ベルベット」を観ながら「この女性、サディストだわ!!」と叫びながらビンタされたり、
そういうアーティスティックで狂気じみた素晴らしい人生を謳歌できるのである。
浮かれた俺は、嗚呼、ゼミ選びのことで悩んでいた過去の日々が嘘のよう、小説を読み、音楽を聴き、絵を描き、映画を鑑賞し、好き放題やってきた。

六月も終盤になり、いよいよゼミの説明会が開催され、
俺は「うわーゼミ誰にしよかなー」「T准教授かS教授か悩むわー」と思案に暮れる友人たちを尻目に、
「フハハ、悩め悩め、俺は既にM教授と決めているのだ、お前たちが浮かれている間に俺が如何なる苦痛に苛まれこの結論に到達したか貴様らに分かるまい、ヒャッハー!!」戦闘中にネリエルが幼児化したノイトラくらいのハイテンションで臨んでいて、いざ説明会が始まって初めて知ったことだったんだけども、








M教授はゼミを募集していなかった。























あの……みんな……



U準教授とN準教授、どっちがいいかな……












(後編に続く)




予告

どこの誰とも分からぬクソババアは、やはりどこの誰とも分からぬクソババアだった。
もうなんだこの人生。ちょっと期待したらこれだよ。もういいよ。
どうせ人生に希望なんてないんだよ。もう分かったから帰って煎餅でも食おうぜ。

次回、ゼミ選択葛藤記後編「うーちゃん、ダーツでゼミを決める

関連記事

スポンサード リンク







プロフィール

寂々兵

Author:寂々兵
都会の映画祭や名画座に指を咥えながら日々を過ごす田舎在住の一介の映画好き。たまにライターなども。ヒモになりたい。

好きな監督は
ジャン=ピエール・メルヴィル
クロード・シャブロル
エドワード・ヤン
アレックス・デ・ラ・イグレシア
岡本喜八
など。

最近は専らゼロ年代以降ヨーロッパの喜劇映画や80年代未ソフト化作品の大海をさすらっています。

Twitter
http://twitter.com/CinemaYouth3919

Filmarks
http://filmarks.com/users/Monteiro

カウンター

ブログ内検索

人気記事