交錯と邂逅、落下『デ・ジャ・ヴュ』 92点

rjenatsch.jpg


デ・ジャ・ヴュ(ダニエル・シュミット/1987仏スイス)

革命家ゲオルグ・イェナチュ暗殺の謎に魅入られたジャーナリストが歴史と交錯する。山田正紀の『ミステリ・オペラ』でも似たような感覚に陥ったのだが、別々の何かがあらゆる境界を超えて邂逅する話は全部泣ける。それをワンカットでやってしまうのだから只者ではない。レナート・ベルタの不穏な映像の濁流に半ば昇天。ベルトルッチの『暗殺のオペラ』にはさすがに敵わないかなあと思っていたのだが、もう1回観たら易々と超えていきそう。ミステリ映画(「ミステリー」ではない)ベストの1本に加えたい超傑作。





(未ソフト化)
関連記事

スポンサード リンク







プロフィール

寂々兵

Author:寂々兵
都会の映画祭や名画座に指を咥えながら日々を過ごす田舎在住の一介の映画好き。最近は80年代前後の未DVD化作品の発掘に邁進中。将来の目標はヒモ。

*好きな監督*
ジャン=ピエール・メルヴィル
キム・ギヨン
クロード・シャブロル
エドワード・ヤン
アレックス・デ・ラ・イグレシア
岡本喜八


Twitter
http://twitter.com/CinemaYouth3919

Filmarks
http://filmarks.com/users/Monteiro

カウンター

ブログ内検索

人気記事