エイリアン物にヒーローは不要『遊星からの物体X』 83点

rx.png


遊星からの物体X(ジョン・カーペンター/1982米)

エイリアンがフィーバーしてる時期に逆行してるのか追随してるのかよく分からんが、テレビでやってたので10年ぶりくらいに見た。相変わらず素晴らしすぎて首がもげた。あと顎も外れた。血液検査で被験者3人が椅子に縛られたまま発狂している→唖然としているカート・ラッセルの後ろをカニ歩きのクリーチャーがひっそり去って行くシーンなんか"喜劇と悲劇は紙一重"的でたまらん。えげつない余韻の引きずり方をするラストの不穏ぶりも大好き。モンスター物にリプリーなんか要らんかったんや。『ファースト・コンタクト』が作られたときはさすがに蛇足だろうと憤ったが、まあそれなりにうまく補完されていたしメアリーちゃんがアホほど可愛くてムチムチだったので許す。







関連記事

スポンサード リンク







プロフィール

寂々兵

Author:寂々兵
都会の映画祭や名画座に指を咥えながら日々を過ごす田舎在住の一介の映画好き。最近は80年代前後の未DVD化作品の発掘に邁進中。将来の目標はヒモ。

*好きな監督*
ジャン=ピエール・メルヴィル
キム・ギヨン
クロード・シャブロル
エドワード・ヤン
アレックス・デ・ラ・イグレシア
オタール・イオセリアーニ


Twitter
http://twitter.com/CinemaYouth3919

Filmarks
http://filmarks.com/users/Monteiro

カウンター

ブログ内検索

人気記事