田舎町の悪意と『蝶採り』 93点

rchotori


蝶採り(オタール・イオセリアーニ/1992仏伊独)

古城で暮らす2人の老婦人を取り巻く人間たちを描いたシニカルな喜劇で、ユーモラスながらも容赦ない視点がオリヴェイラの『階段通りの人々』を彷彿とさせる。この古城を何とか買い取りたい商社マン役に日本人が出ているのだが、ステレオタイプな人物像はさて置き、数人の社員が優雅に自転車で砂利道を走るなど完全にイオセリアーニ色に染まってて笑えた。時間がゆっくり過ぎていくのを楽しみたい時にこれ以上の作品は無いでしょう。大傑作。






関連記事

スポンサード リンク







プロフィール

寂々兵

Author:寂々兵
都会の映画祭や名画座に指を咥えながら日々を過ごす田舎在住の一介の映画好き。最近は80年代前後の未DVD化作品の発掘に邁進中。将来の目標はヒモ。

*好きな監督*
ジャン=ピエール・メルヴィル
キム・ギヨン
クロード・シャブロル
エドワード・ヤン
アレックス・デ・ラ・イグレシア
オタール・イオセリアーニ


Twitter
http://twitter.com/CinemaYouth3919

Filmarks
http://filmarks.com/users/Monteiro

カウンター

ブログ内検索

人気記事