雨の降らない都市『サンチャゴに雨が降る』 71点

rsantyago.png


サンチャゴに雨が降る(エルヴィオ・ソトー/1975仏ブルガリア)

チリ軍事クーデターをドキュメンタリータッチで描く映画で、同じテーマの作品といえばガヴラスの『ミッシング』、ポランスキーの『死と処女』、リティンの『戒厳令下チリ潜入記』、山下耕作の『戒厳令の夜』なんかがあるが、傑作か否かはさて置きまあ揃いも揃って地味なもんで、本作も例に漏れず恐ろしく淡々としているんだが、アストル・ピアソラの音楽が意外と主張してて堅苦しさは残らなかった。ビデオ題『特攻要塞都市』は何の冗談だよ。








関連記事

スポンサード リンク







プロフィール

寂々兵

Author:寂々兵
都会の映画祭や名画座に指を咥えながら日々を過ごす田舎在住の一介の映画好き。最近は80年代前後の未DVD化作品の発掘に邁進中。将来の目標はヒモ。

*好きな監督*
ジャン=ピエール・メルヴィル
キム・ギヨン
クロード・シャブロル
エドワード・ヤン
アレックス・デ・ラ・イグレシア
オタール・イオセリアーニ


Twitter
http://twitter.com/CinemaYouth3919

Filmarks
http://filmarks.com/users/Monteiro

カウンター

ブログ内検索

人気記事