すごい身体の女と『悪い女』 64点

rwarui.png


悪い女(キム・ギドク/1998韓)

売春宿の娘と娼婦の対局な人生観が徐々に交わっていく映画で、とりあえずまあ、これで良かったんじゃね?と言うほかにない強引な締めくくりには失笑せざるを得ない。昼ドラギリギリのところを何とか回避している感があるが、同じ女で性病にかかった父子が病院で遭遇して酒を酌み交わす身も蓋もないシーンをぶっこんできたあたりからジワジワと面白くなってきた。登場する男が全員ムラムラしているのが韓国らしいっちゃらしいが、まあ、信用できる。しかし"民宿"の客も口を揃えて言ってたが、イ・ヘウン、すげえ身体だ。







関連記事

スポンサード リンク







プロフィール

寂々兵

Author:寂々兵
都会の映画祭や名画座に指を咥えながら日々を過ごす田舎在住の一介の映画好き。最近は80年代前後の未DVD化作品の発掘に邁進中。将来の目標はヒモ。

*好きな監督*
ジャン=ピエール・メルヴィル
キム・ギヨン
クロード・シャブロル
エドワード・ヤン
アレックス・デ・ラ・イグレシア
岡本喜八


Twitter
http://twitter.com/CinemaYouth3919

Filmarks
http://filmarks.com/users/Monteiro

カウンター

ブログ内検索

人気記事