カリーナ・ラウに殺されたい『好奇心は猫を殺す』 78点

koukishin.png


好奇心は猫を殺す(チャン・イーバイ/2006中)

地方都市の高級マンションで発生した奇怪なイタズラが殺人事件に発展していく話。『恐怖分子』みたいなことやりたかったのかなあと若干俯瞰的に見てしまうのは否めないが、これはこれで面白い。表向きはただの昼ドラっぽいが、中国富裕層の裏側を抉り出すような演出や構図が見事で、住民が抱えている不倫やら性癖やらの秘密が事件と並行して次々炙り出されていくのが非常に楽しい。気持ち悪いほどコントラストの強いペンキやらオブジェやらと、シックな重慶の街の対比。あと、上品で狡猾でプライド高くて目の焦点が定まってないカリーナ・ラウが最高オブ最高で、映画の中の最高な人妻10人を選出するならぜひノミネートさせたい。










関連記事

スポンサード リンク







プロフィール

寂々兵

Author:寂々兵
都会の映画祭や名画座に指を咥えながら日々を過ごす田舎在住の一介の映画好き。奇怪、不穏、不条理といったテーマの映画に惹かれますがフランスのラブコメも好きです。最近は80年代前後の未DVD化作品の発掘に邁進中。たまにライターなど。将来の目標はヒモ。

*好きな監督*
ジャン=ピエール・メルヴィル
キム・ギヨン
クロード・シャブロル
エドワード・ヤン
アレックス・デ・ラ・イグレシア
岡本喜八


Twitter
http://twitter.com/CinemaYouth3919

Filmarks
http://filmarks.com/users/Monteiro

カウンター

ブログ内検索

人気記事