スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサード リンク






違う意味での『鬼畜』 71点

kitiku.jpg


鬼畜(野村芳太郎/1978日)

現在持て囃されている「天才子役」たちを批判する材料として、よくこの年代の子役の対称的な演技が取り上げられるが、こちらはこちらで「純朴」と持て囃すには棒演技が過ぎて無理がある。虐げられている立場なのにまったく可愛そうに見えない。純朴=すべてが善、じゃなくて、こういう役どころならさすがにもうちょっと演技をしなきゃダメでしょ!(『疑惑』の子役は素晴らしかったぞ!)とまあ、子供好きにとっては非常に辛い映画なんだろうけども、子供嫌いにとっても別の意味で非常に辛い映画である。










関連記事

スポンサード リンク







プロフィール

寂々兵

Author:寂々兵
都会の映画祭や名画座に指を咥えながら日々を過ごす田舎在住の一介の映画好き。奇怪、不穏、不条理といったテーマの映画に惹かれますがフランスのラブコメも好きです。最近は80年代前後の未DVD化作品の発掘に邁進中。たまにライターなど。将来の目標はヒモ。

*好きな監督*
ジャン=ピエール・メルヴィル
キム・ギヨン
クロード・シャブロル
エドワード・ヤン
アレックス・デ・ラ・イグレシア
岡本喜八


Twitter
http://twitter.com/CinemaYouth3919

Filmarks
http://filmarks.com/users/Monteiro

カウンター

ブログ内検索

人気記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。