あんた誰だっけ?『不連続殺人事件』 73点

hurenzoku.jpg


不連続殺人事件(曽根中生/1977日)

坂口安吾がミステリ・マニアというのはよく知られている話。原作はそんな彼が生涯残した数少ない長編推理小説の一つなのだが、冒頭20ページで30人近くの名前が立て続けに出てくる。その系譜は映画にも受け継がれ、映画・ポルノ・特撮・舞台・声優界・音楽界などから怪優が次々と現れてはバッタバッタと死んでいく。不要なキャラが多いだの、トリックが破綻しているだの、そんな事はこの差別用語が飛び交うキチガイ饗宴の前にはほんの瑣末な問題。横溝的な本格ミステリを作りたかった曽根中生もまさかこんなことになるとは思わなかっただろう。しかし脚本に参加している面々を見ればお察し。カルトだが、そこいらの映画では味わえない圧倒的な魅力を孕んでいて意外と好きな作品。










関連記事

スポンサード リンク







プロフィール

寂々兵

Author:寂々兵
都会の映画祭や名画座に指を咥えながら日々を過ごす田舎在住の一介の映画好き。奇怪、不穏、不条理といったテーマの映画に惹かれますがフランスのラブコメも好きです。最近は80年代前後の未DVD化作品の発掘に邁進中。たまにライターなど。将来の目標はヒモ。

*好きな監督*
ジャン=ピエール・メルヴィル
キム・ギヨン
クロード・シャブロル
エドワード・ヤン
アレックス・デ・ラ・イグレシア
岡本喜八


Twitter
http://twitter.com/CinemaYouth3919

Filmarks
http://filmarks.com/users/Monteiro

カウンター

ブログ内検索

人気記事