スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサード リンク






ネット宅配レンタル3社の中で1社しか取り扱っていない作品リスト(暫定)

movie_negative.jpg


VODサイトの台頭によって苦戦を強いられているいわゆる「ネット宅配レンタル」、普通に利用するだけなら問題ないですが、沼にはまってくるとメーカーやレーベルによって取扱い作品に大きく差があることに気付き、絶望することも多々あります。
そこで、大手3社であるTSUTAYA DISCASGEO宅配レンタル(楽天、ぽすれんと在庫共有)、DMM.comの中で、1社しか取り扱っていない作品のリストを自分用にまとめていたところ、膨大な量になってきたので掲載することに。
あくまで個人で利用している範疇で確認したものなので、全作品を網羅しているわけではありませんが、見つけ次第追加していきます。
よくある「3社の特徴徹底解剖!」みたいな記事ではないのでご了承願います。






・TSUTAYA DISCAS




<備考>
・発掘良品枠が何だかんだ美味しい。
 パラマウント「甦る映画遺産」レーベルから『不意打ち』『エディ・コイルの友人たち』『愛と憎しみの伝説』『裸のジャングル』など。
・角川から出ている増村作品はなぜかここにしかない模様。
・IVCから出ているリヴェット3作品は必須事項。
・ここはメーカー検索ができないので非常に利用しづらい。邦画はもっとあるはず。

<作品リスト(暫定)>
アーサー・ペン 『冬の嵐』
アンドリュー・V・マクラグレン 『ワイルド・ギース』
アンドレ・カイヤット 『眼には眼を』
ヴィルジニ・テヴネ 『エリザとエリック』
ウォルター・グローマン 『不意打ち』
エミール・クストリッツァ 『ジプシーのとき』
エリック・レッド 『ジャッカー』
エンツォ・G・カステラッリ 『ローマ麻薬ルート大追跡』
オットー・プレミンジャー 『バニーレークは行方不明』
グァルティエロ・ヤコペッティ 『ヤコペッティの大残酷』
クリス・マルケル 『ラ・ジュテ』
クロード・ルルーシュ 『愛と哀しみのボレロ』
コーネル・ワイルド 『裸のジャングル』
ジェームズ・バロウズ 『パートナーズ』
ジェラール・コルビオ 『カストラート』
ジャック・カーディフ 『戦争プロフェッショナル』
ジャック・リヴェット 『セリーヌとジュリーは舟でゆく』
ジャック・リヴェット 『彼女たちの舞台 』
ジャック・リヴェット 『北の橋 』
ジャン=リュック・ゴダール 『中国女』
ジャン=リュック・ゴダール『アルファヴィル』
ジャン・エルマン 『さらば友よ』
ジュリアーノ・モンタルド 『死刑台のメロディ』
ジュリアン・デュヴィヴィエ 『わが青春のマリアンヌ』
ジョージ・C.スコット 『激怒』
ジョセフ・サージェント 『白熱』
ジョン・ハンコック 『呪われたジェシカ』
ジョン・ブアマン 『殺しの分け前/ポイント・ブランク』
ジョン・フランケンハイマー 『セコンド アーサー・ハミルトンからトニー・ウィルソンへの転身』
ジョン・フリン 『ローリング・サンダー』
ジョン・フリン 『組織』
ジョン・ミリアス 『デリンジャー』
セルジオ・ソリーマ 『非情の標的』
チャック・ベイル 『激走!5000キロ』
チャン・イーバイ 『好奇心は猫を殺す』
ティム・ハンター 『聖者の眠る街』
デビッド・クローネンバーグ 『スキャナーズ』
トニー・リチャードソン 『マドモアゼル』
ニキータ・ミハルコフ 『機械じかけのピアノのための未完成の戯曲』
ニキータ・ミハルコフ 『愛の奴隷』
バイロン・ロス・チャドナウ 『ドーベルマン・ギャング』
バリー・シアー 『死の追跡』
ハリー・フック 『蠅の王』
ピーター・A・ダウリング 『サブウェイNY』
ピーター・イエーツ 『エディ・コイルの友人たち』
ピーター・ホートン 『マイ・フレンド・フォーエバー』
フィールダー・クック 『テキサスの5人の仲間』
フランク・ペリー 『愛と憎しみの伝説』
ヘクトール・バベンコ 『蜘蛛女のキス』
ボブ・マクスウェル 『スウィート・スウィートバック』
マーティン・バーグ 『パワープレイ』
マイケル・ウィナー 『メカニック』
マイケル・ゼン 『こちらムンムン探偵社』
マイケル・プレスマン 『ダイナマイト娘』
マイケル・マン 『ザ・クラッカー』
マリア・マーティネリ 『サディスティック 快楽の代償』
ミッシェル・ドゥビル 『読書する女』
ムスタファ・アルトゥノクラル 『エレベーター』
モンテ・ヘルマン 『旋風の中に馬を進めろ』
リチャード・フライシャー 『見えない恐怖』
リチャード・フライシャー 『10番街の殺人』
ルッジェロ・デオダード 『真夜中の狂気 』
ルネ・クレマン 『パリは燃えているか』
ロバート・アルドリッチ 『悪徳』
ロバート・ゼメキス 『ユーズド・カー』
ロバート・ベントン 『プレイス・イン・ザ・ハート』
ロバート・ベントン 『殺意の香り』
ロバート・ワイズ 『拳銃の報酬』
ロベール・アンリコ 『追想』
ロベルト・ロッセリーニ 『ストロンボリ』
ロベルト・ロッセリーニ 『不安』
ロマン・ポランスキー 『テナント 恐怖を借りた男』
大島渚 『戦場のメリークリスマス』
岡本喜八 『英霊たちの応援歌・最後の早慶戦』
川島雄三 『雁の寺』
川島雄三 『しとやかな獣』
川島雄三 『女は二度生れる』
増村保造 『最高殊勲夫人』
増村保造 『盲獣』
増村保造 『でんきくらげ』
増村保造 『痴人の愛』
増村保造 『青空娘』
増村保造 『くちづけ』
増村保造 『黒の報告書』
増村保造 『黒の超特急』
増村保造 『清作の妻 』
増村保造 『卍(まんじ)』
増村保造 『赤い天使』
増村保造 『華岡青洲の妻』
増村保造 『黒の試走車』
増村保造 『巨人と玩具』
増村保造 『氾濫』
増村保造 『刺青』
増村保造 『妻は告白する』
増村保造 『しびれくらげ』
増村保造 『遊び』
増村保造 『からっ風野郎』
増村保造 『好色一代男』






・GEO宅配レンタル




<備考>
・楽天レンタル、ぽすれんと在庫共有(サービス体型、料金は微妙に違う)
・スパイク社が「スパイクドラゴン」レーベルで販売していた香港映画が豊富。
・同じくスパイク社から出ているヤコペッティ映画は『大残酷』(DISCASに有り)を覗いて全作揃っているが、在庫が少なく人気があるため滅多に借りられない。
・ジュネス企画の『極楽特急』『田舎司祭の日記』は必須事項。


<作品リスト(暫定)>
エルンスト・ルビッチ 『極楽特急』
M・K・プーン 『上海キング ~野望篇~』
アルフレッド・チョン 『恋はいつも嘘からはじまる』
ウィリアム・ディターレ 『ジェニーの肖像』
ウー・マ 『霊幻師弟 人嚇人』
エリック・ツァン 『悪漢探偵』
エリック・ツァン 『悪漢探偵Ⅱ』
グァルティエロ・ヤコペッティ 『ヤコペッティの残酷大陸』
グァルティエロ・ヤコペッティ 『ヤコペッティの世界女族物語』
グァルティエロ・ヤコペッティ 『ヤコペッティのさらばアフリカ』
グァルティエロ・ヤコペッティ 『ヤコペッティの世界残酷物語』
グァルティエロ・ヤコペッティ 『ヤコペッティの続・世界残酷物語』
クリスチャン・フォード 『SLOWBURN 伝説のダイヤモンド』
サム・ペキンパー 『バイオレント・サタデー』
サモハン・キンポー 『燃えよデブゴン4 ピックポケット!』
サモハン・キンポー 『冒険活劇 上海エクスプレス』
ジェイコブ・C・L・チョン 『チャイナ・フィナーレ 清朝最後の宦官』
ジェフ・ラウ 『オカルト・ブルース』
ジミー・ウォング 『片腕ドラゴン』
ジュディ・ガーランド 『ハーヴェイ・ガールズ』
スティーブン・シン 『BLACK CAT 黒い女豹』
セルジオ・ソリーマ 『狼の挽歌』
ダニー・リー 『トラフィック・コップス ~クレイジー・ドライバー~』
デビッド・チャン 『堕ちていく女』
ベニー・チャン 『天若有情 アンディ・ラウの逃避行』
ヘンリー・キング 『世紀の楽団』
モリー・フェイ 『NOROI~呪い~ THE CUBBYHOUSE』
モリー・フェイ 『NOROI ~呪い~』
ヨゼフ・フォン・バキ 『ほら男爵の冒険(ドイツ版) 』
ラウ・カーリョン 『悪漢探偵V ~最後のミッション~』
ラムナイ・チョイ 『セブンス・カース』
ルイス・ブニュエル 『黄金時代』
ルーベン・マムーリアン 『喝采』
ルネ・クレール 『そして誰もいなくなった』
レイモンド・ウォン 『ライフ・アフター・ライフ -輪廻転生-』
ロー・キン 『爆裂戦士』
ロベール・ブレッソン 『田舎司祭の日記』
ロベール・ブレッソン 『スリ(掏摸)』
舞原賢三 『トワイライトシンドローム』
舞原賢三 『ゲット★イット★オン?』






・DMMレンタル




<備考>
・実店舗だとGEOと仲の良いIVCが猛威を振るっている。
・BBCの文芸ドラマも絶賛独占中。
・ゲルマン、ロッセリーニ、ルノワール、クルーゾー、ブニュエル、メルヴィル、他RKOホラーなど必須事項多め。
・みんな大好きラス・メイヤー。
・3社の中では個人的にもっともレア作品が多いが、月額プランは配送処理が遅く、単品は値段が高いので非常に使いづらい。

<作品リスト(暫定)>
A・エドワード・サザーランド 『ローレル&ハーディ』
D.W.グリフィス 『イントレランス』
E・A・デュポン 『ヴァリエテ』
アーチー・L・メイヨー 『悪魔スヴェンガリ』
アラン・クロスランド 『ドン・ファン』
アラン・コルノー 『フォート・サガン-サハラ、そして愛-』
アラン・ブリッジス 『危険な愛の季節』
アラン・レネ 『二十四時間の情事』
アラン・ロバック 『ベイビー・ブラッド』
アルバート・リューイン 『パンドラ』
アルベルト・デ・マルチーノ 『悪魔が最後にやって来る』
アルベルト・トーマス 『愛のエマニエル』
アレクサンダー・コルダ 『描かれた人生』
アレクサンドル・プトゥシコ 『妖婆 死棺の呪い』
アレクサンドル・プトゥシコ 『石の花 ウラル地方の物語』
アレクセイ・ゲルマン 『神々のたそがれ』
アレクセイ・ゲルマン 『フルスタリョフ、車を!』
アレクセイ・ゲルマン 『道中の点検』
アレクセイ・ゲルマン 『戦争のない20日間』
アレクセイ・ゲルマン 『わが友イワン・ラプシン』
アンリ=ジョルジュ・クルーゾー 『囚われの女』
アンリ=ジョルジュ・クルーゾー 『情婦マノン』
イーゴリ・タランキン 『チャイコフスキー』
イワン・プィリエフ 『シベリヤ物語』
ヴァル・リュートン 『キャット・ピープルの呪い』
ヴィクター・フレミング 『紅塵』
ヴィリ・フォルスト 『ブルグ劇場』
ヴィリ・フォルスト 『未完成交響楽』
ウィリアム・ワイラー 『孔雀夫人』
ウィリアム・ワイラー他 『大自然の凱歌』
ウェス・クレイヴン 『ショッカー』
ウォルフガング・リーベンアイナー 『菩提樹』
ウォルフガング・リーベンアイナー 『続・菩提樹』
ウラジーミル・メニショフ 『モスクワは涙を信じない』
エーリッヒ・フォン・シュトロハイム 『愚なる妻』
エドガー・G・ウルマー 『恐怖のまわり道』
エルンスト・ルビッチ 『メリィ・ウィドウ』
エルンスト・ルビッチ 『ウィンダミア夫人の扇』
エルンスト・ルビッチ 『結婚哲学』
エレム・クリモフ 『炎628』
ガブリール・エギアザロフ 『スターリングラード大攻防戦』
ガレス・デイヴィス 『オリバー・ツイスト』
カレン・シャフナザーロフ 『ゼロシティ』
キング・ヴィダー 『ビッグ・パレード』
キング・ヴィダー 『麦秋』
グスタフ・マハティ 『春の調べ』
グレッグ・スペンス 『ゴッド・アーミー 復讐の天使』
クロード・ソーテ 『友情』
ジェームズ・セラン・ジョーンズ 『ある貴婦人の肖像』
ジェレミー・ラヴリング 『ジェイン・オースティンの後悔』
ジェローム・ボワヴァン 『バクステール』
ジガ・ヴェルトフ 『たのしい知識』
ジガ・ヴェルトフ 『ウラジミールとローザ』
ジガ・ヴェルトフ 『ありきたりな映画』
ジャスティン・チャドウィック他 『荒涼館』
ジャック・ターナー 『レオパルドマン』
ジャック・フェデー 『鎧なき騎士』
ジャン=ピエール・メルヴィル 『海の沈黙』
ジャン=ピエール・メルヴィル 『マンハッタンの二人の男』
ジャン=ポール・ル・シャノワ 『レ・ミゼラブル』
ジャン・ドラノワ 『愛情の瞬間』
ジャン・ドラノワ 『しのび泣き』
ジャン・ドラノワ 『悲恋』
ジャン・ルノワール 『自由への闘い』
ジャン・ルノワール 『浜辺の女』
ジャン・ルノワール 『南部の人』
ジュリアン・ジャロルド 『大いなる遺産』
ジュリアン・デュヴィヴィエ 『舞踏会の手帖』
ジョルジュ・ラコンブ 『狂恋』
ジョン・グレニスター 『エマ』
ジョン・クロムウェル 『貴方なしでは』
ジョン・フォード 『周遊する蒸気船』
ジョン・フォード 『アイアン・ホース』
ジョン・フォード他 『ハリケーン』
セシル・B・デミル 『男性と女性』
セルゲイ・エイゼンシュテイン 『イワン雷帝』
セルゲイ・ボンダルチュク 『祖国のために』
テイ・ガーネット 『チャイナ・シー』
ディアムイド・ローレンス他 『リトル・ドリット』
トニー・パーマー 『ワーグナー/偉大なる生涯』
バーナード・ローズ 『ペーパーハウス』
パスカル・トマ 『上級生』
ハワード・ヒューズ 『ならず者』
ピーター・ブルック 『蠅の王』
ピエール・アラン・ジョリベ 『飼育の部屋』
フェデリコ・フェリーニ他 『街の恋 ~フェデリコ・フェリーニ×ミケランジェロ・アントニオーニ~』
ブライアン・デズモンド・ハースト 『マルタ島攻防戦』
ブライアン・ユズナ 『新・死霊のしたたり』
フランク・ボーザージ 『第七天国』
フリードリヒ・ヴィルヘルム・ムルナウ 『最後の人』
フリッツ・ラング 『怪人マブゼ博士』
ペドロ・ジェームズ 『マーティン・チャズルウィット』
ベルンハルト・ヴィッキ 『橋』
マーク・ロブソン 『吸血鬼ボボラカ』
マーク・ロブソン 『恐怖の精神病院』
マーティン・キトローザー 『キラー・ホビー』
マイク・バーカー 『ワイルドフェル屋敷の人々』
マックス・オフュルス 『たそがれの女心』
ミハイル・エルショフ 『レニングラード攻防戦 I・II』
モイラ・アームストロング 『クリスマス・キャロル』
モーリス・トゥールヌール 『モヒカン族の最後』
モンテ・ヘルマン 『ヘルブレイン』
ラオール・ウォルシュ 『バグダッドの盗賊』
ラス・メイヤー 『ウルトラ・ヴィクセン』
ラス・メイヤー 『UP!メガ・ヴィクセン』
ラス・メイヤー 『スーパー・ヴィクセン』
ラス・メイヤー 『ヴィクセン』
ラス・メイヤー 『ファスタープッシーキャット キル!キル!』
ラス・メイヤー 『モーター・サイコ』
ラルフ・トーマス 『潜水戦隊帰投せず』
リンゼイ・アンダーソン 『ブリタニア・ホスピタル』
ルイス・ブニュエル 『皆殺しの天使』
ルイス・ブニュエル 『ビリディアナ』
ルイス・マイルストン 『廿日鼠と人間』
ルイス・マイルストン 『呪いの血』
ルイス・マイルストン 『雨』
ルキノ・ヴィスコンティ 『イノセント』
ルネ・クレール 『沈黙は金』
ルネ・クレール 『最後の億萬長者』
レオンティーネ・サガン 『制服の処女』
ロジャー・コーマン 『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ』
ロジャー・ミッチェル 『ジェイン・オースティンの説得』
ロバート・J・フラハティ 『極北の怪異』
ロバート・フュースト 『恐怖のサイクリングバカンス』
ロバート・ワイズ 『死体を売る男』
ロベルト・ロッセリーニ 『イタリア旅行』
ロベルト・ロッセリーニ 『戦火のかなた』
ロベルト・ロッセリーニ 『ドイツ零年』


スポンサード リンク






trackback

comment

コメントする

Secret


プロフィール

寂々兵

Author:寂々兵
東京の映画祭や名画座に日々指を咥えている田舎在住の一介の映画好き。フリーの事務屋とは名ばかりのふらついた生活を送っています。

好きな監督は
ジャン=ピエール・メルヴィル
ロバート・アルドリッチ
クロード・シャブロル
アレックス・デ・ラ・イグレシア
フリッツ・ラング
岡本喜八
野村芳太郎
など。

最近は専らゼロ年代の北欧ミステリ、海外アニメーション、80年代前後の未DVD化作品の大海をさすらってます。

カウンター

ブログ内検索

人気記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。