スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサード リンク






遁世雑記其ノ二十二 「バス日記10 白昼酔いどれ、くそたわけ」

人生に思い悩むあまり、いっそのことライターと花火と小麦粉を食って粉塵爆死でもしてやろうかというワイルドでロックでセンセーショナルでキチガイじみた葛藤に花咲かせていた日のことである。
バスの後段の最前列、つまり乗車してくる客が一番見える位置に座っていると、K停留所にて毒殺された大門圭介みたいな顔のジジイが乗り込んできた。毒殺されてなければ渡哲也に似てるのかという疑問はさて置いて、このジジイが俺の眉間に皺を3本作らせた元凶となるのである。
白昼にも関わらず酒臭いのだ。
この日、鼻炎によって鼻づまりが半端ではなかった俺の鼻腔を突き破るほどの臭気である。
別に真昼間から酒を飲もうが情事に励もうが人に迷惑さえかけなければ好きにすればいいが、この手の酔っ払いがバスに乗ってきて人に迷惑をかけなかった例がない。
案の定、酔いどれジジイは「ぁ゛ぁ゛ぁ゛ハァ~」還暦迎えたAV男優みたいな謎のうめき声を発しながら後部座席に邁進し、「どっこしゃーはらっしゃぁぁぁっほい」と喚きながら席に着いた。

もうこの段階で俺は通学の読書タイムを犯されて鬼瓦のような顔になってたと思うんだけども、勿論これだけにとどまらず、後部座席より隣の客に絡む酔いどれの声が聴こえてきた。
「ががぁぁ、寒いすなぁ、だはァ」
この酔いどれが俺の隣に座らなかったことを神に感謝していると、隣人の相槌が聞こえた。
「寒いなぁ、この辺は特に」
その声色たるや非常に野太く、野性的でドスの利いた老人を思わせた。
「ホッファァ、どびゃァ」
「ご機嫌でんな」
「あぁ、それりやァ、がハハァ」
「どこで引っかけとったんや、え?」

いつもの如く酔いどれジジイの放蕩不羈によってバス中が迷惑を被るかと思いきや意外や意外、隣の老人たるや気炎万丈、酔いどれと互角に渡り合っているのだから面白い。これがコミュ力か。

バスはなおも進み、M停留所に泊まる。ここでもう一人客が乗ってきたんだけども、551の豚まんが無いときの関西人くらいテンションの低いおっさんであった。眉毛はエイドリアン・ブロディ、目は中村静香、口は薬師丸ひろこ、更になで肩という何もかもが垂れ下がってるあまり今にも地面に埋まりそうな中年のおっさんであるが、これで更に謎の笑顔が描かれたヨレヨレのTシャツにジーパンを着こなし、手にはキャリーケースを持ってるものだからもはや意味が分からない。
おっさんは負のオーラをバス中にまき散らしながら通路を挟んで反対側の席に座った。

バスが次の信号で停車した瞬間である。俺の背後から「どばァくしゃラァァァァ!!」と、とんでもない音量のくしゃみが聞こえてきた。これにはさすがの乗客たちも吃驚仰天、前方に座ってる舟を漕いでた女子高生は跳ねあがるように飛び起き、斜め前方の物理学者みたいな爺さんは万有引力を発見した瞬間のニュートンみたいな顔で振り向き、運転手はバックミラーに限界まで開いた目を覗かせ、俺はガラスにもたれかかっていたものだから頭を思い切りぶつけて悶絶していた。

しかしながらそれ以上に驚いたのは隣にいるおっさんの反応である。
目をかっと見開いたかと思うと口元をにやつかせながらゆっくりと背後を振り返った。これで彼が「Here's Johnny!」と叫んでたらパズズにとり憑かれたジャックニコルソンになるんだけども、とにかくその狂気を秘めた笑みたるや酔いどれジジイの存在よりも恐ろしく、俺は見てはいけないものを見てしまったかのように縮こまり小リスのように震えていた。件の老人との会話が再び聴こえてくる。
「鼻がだァ、だらァ、ドわっはァーォ」
「えらい大変や、おう」
「くゎははははは!!」
「ご機嫌、ご機嫌」

酔いどれを物ともしない老人の対応力に一時は感嘆したものの、よくよく考えれば序盤から何一つ会話になってない。
まぁ会話が成り立つはずもないのは一目瞭然なんだけども、しかしながら、このドスの利いた老人の外見を一目見てやろうとさり気なく振り向いた瞬間、俺の目に信じられない映像が飛び込んできた。







2014y01m17d_180147969.jpg







そこに座っていたのはドンキーコングであった。
いや、生物学的に云えば"ドンキーコングもどき"なのだと思うが、そのゴリラじみたいかつい皺だらけの顔、明らかに格闘技経験者である恰幅の良い体付き、その全てが彼をドンキーコングであると確証付けていた。

かつて俺がバスで遭遇した人の中で湯婆婆に酷似した老婆 がいたが、あれを容易く凌駕するほどのものである。
何と云えばいいか、ドンキーコングと渡辺哲と安岡力也を足して渡辺哲と安岡力也を引いたような感じであると説明すれば分かってもらえるだろうか。

俺が生ドンキーを見て興奮している間に、バスは終点から2つ前のH停留所に止まっており、隣に座っていた謎のおっさんが降りようとしていた。何から何まで謎のおっさんである。
これが金田一なら後々あのおっさんはバラバラ死体で発見されるポジションだなと考えている間に、バスは終点に到着した。読書の"ど"の字も出てこないような通学の時間であった。

俺は両替しなければならなかったので座ったまま待機。仰天女子高生やニュートンが降りていき、白昼酔いどれが「うぇあー」と酒の臭いをまき散らしながら降りていき、最後にドンキーコングが降りるんだけども、何と5歳くらいの男の子と女の子が一緒にいたのでディディとディクシーもおるやないかと我ながら鋭いツッコミを脳内で繰り広げながら、孫が一緒だったことに驚きを禁じ得ないという表情をしながらバスを降りたのであった。





いとをかし、いとをかし
スポンサーサイト

スポンサード リンク






新春企画 名探偵コナンに登場する無茶苦茶な犯人TOP10 劇場版ver(’14.10改訂版)

あけましておめでとうございます。

皆さん体調は如何でしょうか?
こちらは年末から年明けにかけて身体的・精神的共にオペラ座のシャンデリアくらい落ちまくって大変なんですけど、今年からちょっと新しいことに挑戦するので一念発起して頑張りたいと思います。

で、そんな今年初の更新に相応しいこんな企画を用意しました。


名探偵コナンに登場する無茶苦茶な犯人TOP10 劇場版ver

第1弾:名探偵コナンに登場する渋いおっさんTOP10
第2弾:名探偵コナンに登場する無茶苦茶すぎる犯人TOP10
第3弾:名探偵コナンに登場する犬死にした人TOP10




・名探偵コナンの劇場版に登場する全犯人の中で、俺が無茶苦茶だと思った犯人を独断と偏見で10人選出する企画です。
・基準としては「動機」「思想」「行動」「人間性」などを総合して判断しています。
・16作目「11人目のストライカー」までのネタバレをしているので、未見の方は注意してください。(地上波未放送の「絶海の探偵」のネタバレはありません)
・「新年の更新に相応しい」とか書いてますが本当は去年の10月に完成させる予定だったことは黙っといてください。




それではいきましょう!



 * * *



番外編:惜しくもランク外だけど強烈だったで賞
如月峰水
(天国へのカウントダウン)

2014y01m07d_144631349.jpg

所業:アトリエから見える富士山を高層ビルで遮られた→賄賂で条例を改正した市議とオーナーをぶっ殺す→御猪口を割ることで無念を晴らした

ランクインはしなかったものの強烈な印象を植え付けた犯人に送られる特別賞です。「渋いおっさんランキング」に次いで2度目の登場、如月峰水先生。タワーリングインフェルノばりの爆発炎上映画ですが、あれは黒の組織がやったためこのお爺ちゃんは無関係です(多分)
警察に「オーナーがあなたの絵を買い占めて高値で売りさばいたから殺したのでは?」と云われた際に「そんなことで人を殺めたりせんよ」と返答してますが、個人的にこっちの方が金田一ぽくてよかったんじゃないかと思います。
少年探偵団が取材に行った際には「子どもが警察の真似事をするな!!」と一旦は怒鳴りつつも「手ぶらでも帰り辛かろう」ということで絵をプレゼントし、「ツンデレおじいちゃん」という需要なさすぎるジャンルを作り上げました。
2つ目の原殺害事件は如月ではなく黒の組織の仕業であるため、どういう風に処理するんだろうとわくわくしたんですが、最後の最後に「まぁ原さんの件は迷宮入りだろうな」残飯処理扱いされたことは多くのコナンファンを落胆に陥れました。






第10位:浦思青蘭(世紀末の魔術師)

2014y01m07d_152750117.jpg

所業:惨殺された先祖の汚名を晴らすために右目を狙撃するという仰々しい登場→たまたまエッグを盗んだキッドを狙撃→たまたま写真を見られた寒川を殺害→たまたま銃にサイレンサー付けるところを見られた乾を殺害→たまたま先祖の悪口を云った毛利を狙撃→たまたま近くにいた蘭を狙撃→横須賀にある城を爆破炎上

何しに出てきたんだこいつは
インターポールに指名手配されてるくらいだから綿密な犯罪計画を立てて次々に殺していくのかと思いきや、見事に全部「むしゃくしゃしてやった」と変わらないレベル。まぁ、この彼女のお陰で寒川と乾は犬死にランキングにランクインしたんですけどね。
チャイナドレスの27歳ということでポイントも高いです。毛利の「美しい脚の青蘭さんがスコーピオンなんて……」という意味不明なセリフにも頷けるところ。
彼女が自己紹介したシーンで「プースチンランって並び替えるとラスプーチンですね~!」とか云ってたら蘭の右目に風穴が空いてたところですが、全員鈍感だったので助かりました。






第9位:本上和樹(漆黒の追跡者)

2014y01m07d_145458490.jpg

所業:ホテル火災があり、エレベーターに乗れなかった妹が死んだ→エレベーターに乗った乗客7人(黒の組織含)を殺害→4県にまたがり北斗七星の形に遺体を配置し広域連続殺人認定され、各県警捜査一課による合同捜査本部を設置させる→妹と駆け落ちした彼氏に全ての罪をなすりつけて殺そうとする

黒の組織の大爆撃に隠れてる地味な犯人ですが、やってることは鬼の所業です。もしこれが金田一だったら「こんなことをしても妹さんは戻ってこないだろ!」と説得してさすがの犯人も5秒で改心して泣き崩れて自殺するところですが、強かなので最後まで折れません。
彼女が死んだ上に罪をなすり付けられて自殺寸前まで追い詰められてる水谷浩介くん(CV:DAIGO)の演技が「僕ハドウセ死刑ダー」「死ヌノヤメマスー」遠藤に次ぐワースト2位の棒読み具合なので感情移入できなかった人も多いのではないでしょうか。
個人的に、劇場版に黒の組織は登場してほしくない(先述のように迷宮入り扱いされる)ので序盤の合同捜査会議のシーンがピークなんですけど、ラストのジンやウォッカが乗ってるヘリが爆発して落ちてるのを横目にベルモットが「やるじゃないシルバーブレッド~」と余裕こいてバイク走らせてるのがシュールで好きです。






第8位:沢木公平(14番目の標的)

2014y01m07d_145834723.jpg

所業:毛利小五郎に恨みのある人物の犯行と思わせるため、毛利の周りの人物を数字順に襲う→ボーガン→毒入りチョコレート→毒入り目薬→絞殺→刺殺→海洋施設を爆破

ソムリエ力53万の沢木公平さんです。クリスティのABCよろしく、数字順に狙っていくさまは本格ミステリっぽくて非常に面白いんですが、6から2の5人を終盤で一気に殺そうとする辺り8月末に宿題に追われる小学生みたいな感じでしたね。
公開当時俺は小学1年生だったんですが、犯人は人相の悪さだけで宍戸永明だと思い込んでました。
名実共に劇場版史上トップクラスの犯人だと思うんですけど、終盤の緊迫した心理戦は白鳥の「蘭↑さン↓を離せェ、離さなぃとうつぞォ~↑」とその後の目暮の「白鳥君よせ、フォォォォォォォォォッッッッッ!!!」に掻き消されて台無しです。






第7位:藤岡隆道(天空の難破船)

2014y01m07d_170517466.jpg

所業:微生物研究所を爆破→傭兵十数名を雇い飛行船をハイジャック→飛行船に爆弾→被害者のフリをして裏から傭兵に指示→細菌を積んだ飛行船が突っ込むと流布→人がいなくなった寺から仏像を盗んで売ることが目的でした

寺周辺を爆破しろ
ここぞというときに一番爆破すべきものを爆破しないでどうするんだお前は。傭兵が10人もいればそれくらいの強行作戦でいけるはずだろ。
と、動機や目的に対して手段が驚くほど回りくどいことでお馴染みの劇場版犯人の代表格です。
こんな回りくどいことやってるからせっかく登場した服部本部長と遠山刑事部長が「犯人の狙いは何や」「どないせえ云うんや」ぼやき倒して終わりなんです。
舞台が関東から遠のいたときくらい目暮は大人しくしといてください。
あと、この映画あたりから小五郎、蘭、少年探偵団のメンバーが雁首揃えてうざくなってくるので注意してください。






第6位:山尾渓介(沈黙の15分)

2014y01m07d_150401354.jpg

所業:高速トンネルを爆破→携帯基地局を爆破→どさくさに紛れて同級生を殺害→ダムというダムを爆破

タイトルの「沈黙」といい、トンネルが陥落して暴走特急が飛び出てくる冒頭といい、完全にセガール出てくるやつですからねこれは。
コナン映画史上、紺碧の棺と並んで駄作だと名高い本作。あまりに見なさすぎて、この企画作るまで犯人が誰か忘れてたというコナンファンにあるまじき失態を犯しました。
でも、仕方ない。俺は「ミステリ」やってるコナンを観たいんだから。
本作がどれくらいミステリをやってないかというと、地上波の放送でトリックの解説シーンがカットされたレベルです。
推理漫画でトリックが放送されないってどういうことなの。
これでは被害者も浮かばれません(被害者誰だっけ……






第5位:森谷帝二(時計じかけの摩天楼)

2014y01m07d_151001969.jpg

所業:ラジコンに爆弾→猫のケースに爆弾→環状線のあらゆる線路に爆弾→若い頃の自分の作品を爆破→シンメトリーじゃないから爆破→全部爆破

「私の最大にして最低の作品だ! 君たちの私の美学が分かるまい」「工藤に会ったらこう云っておけ。"お前のために3分間作ってやった。じっくり味わえ"ってな!」などの名言を残した爆弾学の名誉教授こと森谷帝二さんです。
彼からは「青みを帯びたオレンジ色の閃光=プラスチック爆弾」という知識を学びました。
岡本太郎は「芸術は爆発だ」でお馴染みですが、彼は芸術を爆発だでお馴染みです。
しかしこだま兼嗣監督のコナンは芸術に狂ってる犯人が多くていいね。最近は身内の復讐とか現実味が帯びてきたんだけど、何だかんだいってフィクションなんだからこれくらいの方が良い。
ちなみに「天国へのカウントダウン」にて彼の弟子である風間英彦が「私は森谷のようにビルを爆破したりしません」と云ってるので視聴者も一安心かと思いきや、黒い服の人たちがちゃんと爆破してます






第4位:西条大河(迷宮の十字路)

2014y01m07d_151615540.jpg

所業:義経になりたかったんや!!

なめとんのか
義経になって道場とお宝を独り占めにするため、弓術、剣術、体術を駆使して6人を殺害したサイコパスです。瓦の上で二刀流で戦ったり、走るバイクに立って弓射ったり、アイリッシュとタメ張れる強さじゃないでしょうか。
普段は古書店勤務の地味なおっさんが凶悪犯っていうギャップは凄く良い。ただ、仮面取った時あまりに人相が違いすぎて友人が「ちょっと待てこいつ誰だ」と叫んだことは記憶に新しいです。
全17作品中唯一爆発がないことでお馴染みの本作ですが、彼が「そういえばやまくら……」と云ったときに服部が「え? やまくら? あんた弓やらんとの違うんかいな? え?」みたいなこと云ってたら水尾邸が爆発してたことでしょう。






第3位:中岡一雅(11人目のストライカー)

2014y01m06d_194523342.jpg

所業:毛利小五郎のせいで少年が死んだ→車を爆破→スタジアムの電光掲示板をものすごい場所から爆破→警備をかいくぐり10個のスタジアムに爆弾、ゴールのクロスバーに起動スイッチ→国立競技場を大爆破→勘違いでした

爆弾ってコンビニで売ってんの?
と云いたいところですが、この映画で遂に「こんなにたくさんの爆弾どうしたの」「ブラジルで爆弾のプロと知り合った」という3秒で思いつきそうな設定が出てきました。そのうち整合性をとるためにカルロスとかいう名前の爆弾魔がブラジルから来日してるかもしれません。
時計じかけの摩天楼以来の爆弾探しがテーマになった映画ですが、別に探さなくても遠藤という名の超大型爆弾がいるんだけどね……
さっきwikipedia見てて気付いたんですけど、この人21歳ってマジですか






第2位:譜和匠(戦慄の楽譜)

2014y01m07d_151554450.jpg

所業:学校を爆破→生徒を爆破→飲み物に毒物混入→裏道をトラックで爆走→ライフルで狙撃→コナンとヒロインを工具でぶん殴って運河に放つ→コンサートホールの柱数十本を大爆破→恨みを持つ友人の演奏と共に客も全員皆殺しにしてやる→勘違いでした

ロシアンマフィアの幹部ですか
この辺りから劇場版におけるアクションっぷりもチート化してきまして、最新作「絶海の探偵」では春麗VSバルログみたいな熱い肉弾戦が行われており、ここらへんで1回くらい本格ミステリを挟んでくれないかなと思う次第です。
「お前の耳が弱っているのに気付いたがプライドのために黙って職を降りた」という素晴らしい友人に対して「裏切った!! 殺す!!」と壮大な勘違いを繰り広げ、過ちに気付いた際には「私は一体何のためにこんな……」青の古城の整形クソババアみたいな喪失感に苛まれました。
バラエティ豊かな暗殺方法部門では断トツの1位です。






第1位:伊東末彦(探偵たちの鎮魂歌)

2014y01m07d_152413186.jpg

所業:現金輸送車襲撃事件を起こす→仲間が警備員を殺害→自分の計画に泥を塗った!殺す!→麗子に殺されていたのに気付かず自分が殺したと思い込む→逃走する際麗子に車をいじられブレーキが利かず事故→車椅子生活→現金輸送車襲撃の疑いで麗子が警察に捕まる→耐え切れず麗子自殺→全部解決してるのに納得いかないから探偵を集めて事件を解かせる→壮大なシステムを作って秘書を雇い町中に監視カメラを仕掛ける→蘭や少年探偵団に一定圏内から出ると爆発する装置を付ける→服部とコナンが答えを提示したら「そんなことない!」と駄々をこねる→麗子が生きてた上財産を全部奪われる→愛する人と犯罪を共有することが愛情表現だと思ってました→自分を愛してたでござる

分かったから帰れ
有無をいわさない無茶苦茶感で文句なしのダントツ1位に輝いたのは伊藤末彦さんでした。10作目ということで力が入っていることもあり、初期の芸術に燃える犯人たちを彷彿とさせる自己中っぷり。「推理で人を追い詰めるのは殺人者と同じ」という超カッコいい信条を持つコナンに「あなたは最低の人間です」と言わしめた超大物です。
いやそれにしても、動機、思想、人間性、行動、どれをとっても無茶苦茶。まぁこの映画自体登場してるのが「男を次々手玉にとって切り捨てる殺人悪女」「怪盗キッドを始末しようとする盗品コレクター」「計画を無視して人を殺す暴力社長」「ブサイクがコンプレックスのスナイパー」と木下半太の小説並みに全員が無茶苦茶なんですけどね。
麗子に「私の罪を被ってくれそうだから生かしといてあげた、財産も全部もらう、死ね」と言われてショボーンとするさまは完全に不二子に裏切られたルパンみたいで切ないです。
山本監督の中では一番好き。




 * * * 


はい、というわけで無茶苦茶な犯人ランキング劇場版verでした。爆破テロリストランキングではありません。いかがだったでしょう。
「あいつが居ないじゃないか!」等の不満もあると思いますが、まぁ堪忍してください。
散々ネタにしていますが、私は名探偵コナンが大好きです。


それでは次回、何やるか考えてませんが思いついたら作るのでお楽しみに!


スポンサード リンク







プロフィール

寂々兵

Author:寂々兵
東京の映画祭や名画座に日々指を咥えている田舎在住の一介の映画好き。フリーの事務屋とは名ばかりのふらついた生活を送っています。

好きな監督は
ジャン=ピエール・メルヴィル
ロバート・アルドリッチ
クロード・シャブロル
アレックス・デ・ラ・イグレシア
フリッツ・ラング
岡本喜八
野村芳太郎
など。

最近は専らゼロ年代の北欧ミステリ、海外アニメーション、80年代前後の未DVD化作品の大海をさすらってます。

カウンター

ブログ内検索

人気記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。