スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサード リンク






遁世雑記其ノ十八 「耳鼻科通院記3 薬漬け医療を垣間見た」

(前回のあらすじ)

耳の病気になってしまったので大型病院に行ったところ担当が美人の女医で目を輝かせているうちに鼓膜に穴を開けるとかいう意味不明な治療を施されることになったし、その頃我が家では寺山修司をデフォルメしたような親戚のおっさんが祖父の命日でやって来て豪快に煎餅食ってたら奥歯が抜けた。



 * * *



鼓膜に穴を開けるためにロビーで待たされる俺。
この時は不安さえあったものの、現代医療は進んでるし麻酔もするだろうし、そんな痛くないだろーふっははーと余裕をかましており、まぁ後々この待ち時間を使って解脱でもしてりゃ良かったと後悔することになるんですけど、そんなこんなで名前を呼ばれて診察室へ。

用意される器具がパワーアップしており、独特の緊張感。
「まずは洗浄しますね」
耳に妙な器具が突っ込まれ、ブッシャーと水が噴射される。(脳内ではどこの馬の骨とも知れないうんこみたいなおっさんが「あばばばばー」と奇声を発している)

そこからの記憶が少し飛んでるんですけど、歯医者で用いられるキュイーンみたいなやつを耳に突っ込まれ、ウゴゴゴゴ、キッシャーーーー、クゴッゴッゴッとエイリアンVSプレデターみたいな擬音が脳内に響き渡る。
この時点でかなり痛く、特に神経が集中してるあたりなので目も回ってくる。

「では、痛み止めを打ちますね。痛み止めが痛いですよー」
先生それは笑うとこですかと突っ込みたかったものの、完全に目が笑ってないので「ふぁ、ふぁぁ」と謎の返事。

痛み止めを打たれた瞬間の激痛たるや筆舌に尽くし難く、アニメとかでぶん殴られたキャラの目が×になって星とヒヨコがピヨピヨと頭上で回ってる図が脳内で映し出され、ハンカチ咥えてりゃ良かったと思うほど歯を食いしばり、手は小刻みに震え、顔は紅潮し、クハァと声が漏れ、やがて世界は滅びたのであった。

「終わりました。……大丈夫ですか?」

意識が戻った頃には俺はゲラゲラと笑っており、「結構、これは、痛いっすね、くぽぽぽ」町田康の小説に出てくる奇人みたいなよく分からん返事。
想像以上に痛かった混乱と、顔の筋肉という筋肉全て緩んでめちゃくちゃなアヘ顔を晒したショックで、気付いたら治療も終わって変な液体薬を入れられ、その後の措置など分かりやすい説明をされました。

「この部分に穴を開けて、膿を吸い出しました。後は鼓膜の穴が塞がるかどうかですが、成人男性には個人差があります。幼児はすぐ塞がりますし、高齢の方はなかなか塞がりません。塞がらなかった場合は常に耳に違和感が残ってしまうことになるので、半年後か1年後に手術を行うことになります。で、前の病院で出されたステロイドに加え、強めの抗生剤を用いて一気に治すので、3日から長くて1週間は通院治療をしてもらいます。予定とかは大丈夫ですか?」

その時俺はどうしておにぎりはあんなに美味しいんだろうとか考えてたのであんまり話は理解できなかったんですけど、とりあえず深刻な面持ちでうんうん頷いてました。

で、今日出される薬の説明。横文字が多かったので殆ど聞いておらず、耳のことだけではなくその他人生の色々が一気に押し寄せてきて物凄い暗い表情に。
再びロビーで待つように指示され、重い足取りで帰る俺。待合に座ってる人たちの視線が痛かったです。

「まぁ、見てあの子。まだ若いのに、あんなに暗い顔して」
「本当だわ。ものすごく老けてる。負のオーラが半端じゃないわ」
「ねぇねぇ、見てママ、あの人絶対syrup16gとか好きな人だよ

切開後、液体薬を注入されて綿を詰められていたため、完全に左耳しか聞こえない状態で待つこと40分。
名前を呼ばれる頃には、一周回ってハイになってたので、割と軽い足取りで目を大きく見開いてにこやかに手続きを済ませました。
あんまりニコニコしすぎて精神科に回されたら困るので、顔をマスクで隠して書類を書き、料金支払いの説明を受けて解放。

自動精算機での支払いになるので、カードを入れて待つこと数分。
ぼーっとしてたら液晶に金額が表示されました。
「10,900円」





1 0 , 9 0 0 円







く、くそが……
教育委員会のゴミめ……(※違います)



色んな意味で絶望しつつ薬局へ。
薬局のおばさんが驚くほど丁寧で、入った途端駆け足で寄ってきて、処方箋を奪い取って待合席まで案内してくれました。
待つこと10分、さっきの人とは別のおばさんが、箱にどっさり入った薬を持って登場。
え? 何それは? 引出物のあられ詰め合わせ?

あまりにたくさん放り込まれた薬の束に、薬剤師のおばさんも思わず「いっぱい出ましたね~」下ネタ以外の何物でもない発言をしてくれました。
「これがステロイド、これが抗生剤、これが粘膜を云々、これが染色体云々、ヒスタミン、メチコバール、コリン……」
「1回何錠飲むんですか?」
「朝は10錠ですね」






1 0 錠






副作用で性欲なくなるわーとか冗談で云ってたらその日の夜絶倫だったという面白い話は置いておきまして、
全部合わせて150錠くらいの薬を持たされて帰宅しました。

ヘッドホンもカラオケもシャワーも激しい運動も禁止されて、
できることといえば扇風機の掃除くらいしかないので(※そんなことないです)
扇風機をめっちゃ綺麗にした10月の初旬でございます。

これから毎朝9時に、点滴のための通院治療。
果たして俺の右耳はどうなってしまうのでしょうか。



次回、耳鼻科通院記最終回
隣のおっさんのギャグがナースにスルーされててすごく切ない
スポンサーサイト

スポンサード リンク






遁世雑記其ノ十七 「耳鼻科通院記2 さよならヤブ医者、こんにちは大型病院」

(前回のあらすじ)

耳が劇的に痛くなったので病院に行こうと駅前に出たところ、いかにも芸大生といった感じのカップルが俺の前を歩いており、彼氏の方が「お前それだと横から入って後々出られへんようになるタイプのやつやないか!!」とつっこんでいたので、こいつらは一体何の話をしてるんだと考え込んでいたら季節はもう秋になっていた。


 * * *

(※後半ちょっとだけ痛い描写があるので苦手な人は気を付けてください)



というわけで、幸いにも家の近くにある大型病院に出向いてきました。
月曜というだけあって、ロビーから既に人、人、人。
もうビッグサイトかってくらいに人がいて、思わず雲ができてないか見上げたりしましたが、そこまでではなかったので一安心です。

さて、受付や手続きで非常にてんぱりましたが、何とかこなして耳鼻科のフロアへこぎつけました。
診察室が3つあり、診察が回ってくるとそれぞれの医師が館内マイクで呼び出すシステム。
俺の担当になったのは何と、目算20代の美人女医。

人生22年……初めて美人の女医というものに出会いました。
「一回は綺麗な女医に診てもらいたいよなぁ」と云ってたKくん、体調いかがですか。
「もう彼女とかいらねぇから女医のセフレが欲しい」と呟いてたSさん、セフレは見つかりましたか。
「病院物の最高峰は女医が裏で女王様になるやつだろ」と語っていたIくん、パンツを反対に穿く癖は治りましたか。
「西川みたいな高慢な女をヒィヒィ云わせたとき、俺は人生の役割を終える」と豪語したYちゃん、非営利団体はTPOじゃなくてNPOです、早く気付いて。

そんなそれぞれの思いを抱えて、俺は今、美人女医の診察を受けるっ……!







ちょっと知り合いの変態率やばいことになってますが置いておきまして。

正直なところ、若い先生で大丈夫かと思った感は否めませんが、なかなかしっかりしてる人でした。
色々と診察をして、思ったより酷かったらしく、聴力検査の結果も右耳が圧倒的に下がっていたため、採血検査と点滴をすることに。
そこまでガッツリした診察だと思っていなかったので戸惑いこそ覚えたものの、それで解放されるならと妥協して中央処置室へ。
ベッドに寝転んで、クソみたいに太い針をぶっ刺して、拘束されること30分。
看護師さんたちの働きを観察していて思ったのは朝倉が実在したらいかに迷惑かってことでした。






点滴を終え、窓口にて書類を渡して再び待合。
待ち時間が長く、30分ほど待ってようやく呼ばれました。
検査をやって、そのデータを見ながら医師が渋い顔をしてる状況はドラマ等ではよくあるシーンですが、実際にはなかなか無い体験なので恐ろしく緊張。

ど、どうしよう……

胃がんを宣告されたらどうしよう……


「なるほど、そうですね……今聴こえづらいですか?」
「かなり聴こえづらいですね」
「(図を見せる)ここが外耳道と云って、この先に鼓膜があるんですね」
「はい」
「で、今その奥の中耳の部分に膿が溜まって、腫れが酷くなっている状態なんです」







中耳炎の膿が溜まっている






そんな溜まってほしくないものランキング第1位のものに溜まられても……
(2位コンビニ前のヤンキー、3位三角コーナーのゴミ、4位バーのツケ、5位文庫の上の埃)




「で、外耳炎も併発してるんですね。これは大したことはないんですけど、一番問題なのが膿が三半規管などの内耳にまで及ぶこと。発症率は高くないですが、神経障害を起こして難聴の症状も出ますし、治療を施しても完治に到らないケースが多いです」
「今治療で治しておけば内耳炎になる可能性は低いですかね?」
「そうですね、早い段階で膿を失くしておかないと」
「……前の病院では、中耳炎や外耳炎は無いって云われたんですけどね(苦笑)」
「えっ、そうなんですか? ……うん、最初の治療のあとで膿が出てきたんだと思いますよ」




まぁそりゃ、外耳炎を見つけられない耳鼻科医なんて勃起不全になった加藤鷹みたいなもんですから、さすがにそこは信用しておきましょう。
何せ、症状がはっきりしていて良かったです。レントゲン撮らないと分からないみたいなことになったら不安で仕方ないし。
で、治すには一体どんな薬を飲めばいいんですかね?



「治療なんですけど、鼓膜に小さな穴を開けてそこから膿を体内に押し流すやり方が一般的です。痛いですけど短期で治すにはこの方法が主流です」










鼓膜に穴を開ける






「……それって日常生活に支障は出ますか?」
「そうですね、痛みと多少の出血」






多 少 の 出 血






「おはよー」
「おはよう。あれ、うーちゃん、
耳血出てるで」





いやだ……!
そんな「閉ざされた森」でのジョヴァンニ・リビシみたいな死に方はいやだ……!(つたわれ~)


と、泣き言を云ってみたものの、早期に直して内耳に影響を及ぶのを防ぐためにはそれしか無い模様。
ウダウダしてても仕方ないので、「じゃぁとりあえずそれにします」初めての店で店長のオススメを頼んだ客みたいな感じで即決。
切開自体も大々的なものでなく、今この場で出来るものらしいので、器具を準備するので再びフロアで待たされました。
鼓膜に穴を開けるという響きが実感湧かず、徐々に心配がこみ上げてきましたが、
まぁ今は医療も進歩してるし、麻酔もするだろうしそんな痛くないでしょ! 余裕余裕(^-^)



次回、耳鼻科通院記3

あまりの痛さにアヘ顔晒して先生にガチ心配される
スポンサード リンク






遁世雑記其ノ十六 「耳鼻科通院記1 右耳が聴こえなくなりまして」

はいどうも、お久しぶりです。うーちゃんですよ。
普段ならいくら更新サボってても、目障りなスポンサー広告(1ヶ月以上更新しないと出てくるやつ)が載った時点で何かしら破れかぶれで更新するんですが、今回は丁度その更新期に災厄に見舞われました。
というのも、この度右耳が聴こえなくなりまして……

こう書くと大げさですが、今は順調に回復の兆しを見せ、ほとんど聴こえるようにはなってます。
まぁタイトルで「聴こえなくなった」とか完全に誇張してますけど、キャッチコピーが「銭形、死す」のくせに全然死んでなかった銭形よりはマシだと思うんで……


 * * *


発端が10月2日の夜頃。
ネットサーフィンをしていたら、急に右耳の鼓膜が塞がったような感覚に。
(しまじろう「お風呂で耳に水が入ったような感覚だと思ってもらえれば分かりやすいよ!」) ※今後しまじろうは出てきません

このような経験は何回もあって、いつものやつか程度に思ってたんですが、
徐々に痛みを併発してきて「あっ、これはもしや中耳炎」と認識。

そして翌朝、更に聞こえが悪くなったので病院に行こうと決意。
しかしその日は木曜で休診の病院が多いため、かかりつけの病院とは別の初めての病院に行くことにしました。

某耳鼻咽喉科に着いて受付に保険証を出そうとした瞬間、
IKKOをふくよかにして目付きを鋭くしたような看護師さんが「当病院は初めてですぐわぁ~」とか云ってきたのでチェンジ!と叫んで帰ってやろうかと思いましたが、耐えて手続きを済ませて待合室に。
治療が終わったにも関わらず泣き喚いている赤ちゃんに対して、看護師さんが「泣きやまないとあの痛いやつもう1回やっちゃいまちゅよ~」とシャレにならない脅しを繰り広げているのを横目で見ながら待つこと10数分、呼ばれて中に。

中に居たのは、ザ・ベテランを体現したような落ち着いたお爺ちゃん。
あぁ……頼りになりそう……再不斬戦のカカシくらい頼りになりそう……

耳をほじくること数分、治療の結果を簡潔にまとめると
外耳炎や中耳炎ではなく、耳掃除などの際に入った菌が化膿して、鼓膜を塞いでいる状態。
そう言えば先月末に耳掃除をうんたらかんたら、これからは素手で触らないようにうんぬんかんぬん、
では赤外線を当てておきましょうちんぷんかんぷんと診察はとんとん拍子に進み、
次は一応土曜日に来てくださいねーと云われて抗生剤と痛み止めを処方されて帰宅。

その日は、多少は痛むものの、膿んでるなら仕方ないかということで
薬を飲んで大人しく寝ることに。





そして翌日。








右耳、全然聴こえない上に痛い









(´-` )







おまけに自分の声がくぐもっており、非常に気持ち悪い。
間の悪いことに、この日はブログでも度々書いたイベントの打ち上げ(大学主催)だったので、多少無理をしました。
先述の通り自分の声が妙な反響をしたり、あくびやげっぷなど鼓膜張筋(耳管の上にある筋)を刺激する動きをすると耳鳴りがして気持ち悪いので、気休めにとマスクをして出かけることに。

駅前で待ち合わせてた彼女にマスク付けてる理由を話すと「みんなに"今日のうーちゃんは寡黙キャラで行く"って紹介したげるわ(^-^)」って云われたんですけど、普段からあんま喋らんのにその上寡黙キャラ設定とか野口さんとタメ張れんじゃねぇかと思いつつ、まぁ逐一事情を話すのも面倒なので、親しい友人以外にはそんな感じで行こうということで大学へ。

やっぱりマスクをしていると心配されるもんで、ある人には「風邪引いちゃって~」と話したり、時間があるときは「耳が膿んじゃって聴こえないんですよ~」と話したり、後々この人たちが全員集まって俺の話になったとき「あいつは一体何の病気にかかってるんだ」とディスカッションが始まる心配もしましたが、そうこうしてる間に打ち上げの時間に。

口を動かしても耳に響くので食事は恐る恐る。こんな時に限って超美味そうな肉とかポテトとかたこ焼きとか(全然美味しくないパスタとか)色々あって、痛みをこらえつつ黙々と食べました。
会の最中は友人たちも気を遣ってくれて、俺の聞き直しにも快く応えてくれたり、後輩からは「○○がうーちゃんさんの右耳に触ろうとしてたらぶち殺してきますね」と殺伐とした優しさをもらったり、
友人同士の面白いボケツッコミが聴こえなかったときは「俺の右側で面白いことをするな!!」わけありなゴルゴ13みたいなツッコミを披露しつつ、会は幕を閉じました。


で、急展開はここから。
祭りのあとの静寂間の中、恐らく痛み止めの効力が落ちてきて、物凄い痛み始める。
寝る前なんかはもうピークで、心臓のズッキンズッキンという音に合わせて右耳から呼吸音のようなものが漏れる(耳管が開いてた?)
のた打ち回るとはこのことで、それに加えストレスにも苛まれながら、痛み止めが効き始めるのを待って眠りにつきました。


翌日、何ら回復の兆しを見せることなく、前回と同じ病院へ。
土曜なので人が多く、30分ほど待ち診察室に。そして医者から云われた衝撃的な一言。

「ははァ、悪化しとる。抗生剤が効いてないな。ほほう、こんな症例はね、非常に珍しいですよ、ははァ」

そんな新種の微生物見つけたみたいなテンションで云われても。俺はこの辺りで大丈夫かこのおっさんと思い始める。
(多分ナルトも木の葉崩し辺りからカカシのことを大丈夫かこのおっさんみたいな目で見てる)

診断の結果としては、化膿が酷くなり腫れ上がっているので耳がほとんど聴こえなくなっていたと。
というわけであっさりステロイドを出されました。
個人的にはあまり使いたくなかった(特に件のような大して薬の説明をしない医者が出す場合)んですが、短期で集中して治療するために仕方なく服用。
さすがに効果は大きく、飲んでる期間は塞がりこそ解消されなかったものの痛みは取れ、このまま治まれと願いながら眠りに。







そして翌日。








右耳、相変わらず聴こえない上に痛いし肋間神経痛にもなるしペットボトル足の上に落とした







(´-` )








さらば箱舟、さらばヤブ医者
俺は今週の予定を全てふいにする覚悟で大型病院へと臨むのだった。







次回、耳鼻科通院記2

ドレッシング次第で緑の野菜も美味しく食べられるんやと知る


スポンサード リンク







プロフィール

寂々兵

Author:寂々兵
東京の映画祭や名画座に日々指を咥えている田舎在住の一介の映画好き。フリーの事務屋とは名ばかりのふらついた生活を送っています。

好きな監督は
ジャン=ピエール・メルヴィル
ロバート・アルドリッチ
クロード・シャブロル
アレックス・デ・ラ・イグレシア
フリッツ・ラング
岡本喜八
野村芳太郎
など。

最近は専らゼロ年代の北欧ミステリ、海外アニメーション、80年代前後の未DVD化作品の大海をさすらってます。

カウンター

ブログ内検索

人気記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。