スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサード リンク






遁世雑記其ノ九 「バス日記3 騒音おばさん、踊り狂い仕り候」

田舎のバスと云うのは5分や10分の遅刻は当たり前で、
その日もいつもの如く7分遅れでやってきて、
座ろうにも席が全て埋まっており、前方の吊革に捕まった。

すると斜め後方から「ヴゥゥゥゥン」と、不愉快かつ怪奇的な音が聞こえてきた。
俺は朝っぱらから小学生時代好きだった子をヤンキーに寝取られる夢を見て苛立っており、ただでさえこの憤怒、にも関わらず癇に障る騒音、これはいかに、思案する間にも「ヴゥゥゥン」「グォゥゥゥゥン」「ブフォァァァァ!!」ジーパンが殉職したのかと思わせるようなけたたましい音が飛んできた。

そこで漸く気付いたんだけども、それはオバハンの唸り声だった。
ちょっと喉がイガイガしたときに「グフン」と鳴らすアレを、
そのオバハンは3秒に渡って、しかも尋常じゃないボリュームで鳴らし続けていた。
喉がおかしいのは分かるけども、他人の迷惑を考えるどころか喉とあごを前に押し出す感じで「もし日本でレ・ミゼラブルが映画化されたら主演は私よ」とでも云いたげにアピールするもんだから、俺の苛立ちは募るばかり、私の横に立っていた、山城新伍を上下に押しつぶしたような顔をしたおっさんはしかめっ面。

バスが信号に引っかかった間にも喉を鳴らし続け、いい加減にイラついてきたところで、遂に乗客たちの怒りを増長させる行為を始めた。

なんとそのオバハン、バスの中にも関わらず電話をかけはじめたのである。

普通、バスの中で電話がかかってきたら、電源を切るか、はたまた「今バスの中やから」と小声で云って切るのがマナーなんだけども、あろうことかそのオバハン、自分から電話をかけ始めた。
それも聞き取れた内容からして、「おじい様の発作よ、早く薬を!」と云った急展開じみたものではなく、田中さんの噂話のために。

運転手さんの「バスでの通話はお控えください」の忠告も無視する、その余りにも人目を気にしない憮然とした態度に、仏のうーちゃんと謳われた俺ですら理性の糸が切れてしまい、このオバハンいっぺん後ろ回し蹴り食らわしたろかと眉間に皺を寄せて、エクソシストの如く首を後ろに回して睨みつけたところ、






bus.jpg




隣に座っていた別のお婆さんがびっくりするほど露骨に嫌がっており、思わず俺の頭の中のシャンプーハットてつじがめっちゃ嫌がってるやんと突っ込んだ。

とにかく、急カーブを曲がるバイクよろしくの傾き方を見せるお婆さんに思わず拍子抜けしてしまい、オバハンに注意する気力すら無くなった。

しかしこの電話の合間にもヴゥゥゥン!! は欠かさず続けており、通知表には「努力家ですね」と書かれること請け合いなんだけども、更に迷惑なことにはバスが停留所に着く前に立ち上がろうとするもんだから、運転手さんも「バスが停止するまでは動かないでください!」と注意する。
が、オバハンはこれも無視し、立っている乗客にぶつかりながら前に進み、なおもヴンヴン云いながら「それで田中さんがねー!!!!」と大声で叫ぶもんだから、いよいよ運転手も堪忍袋の尾が切れたのか、
「あっ、お客様ぁ~~!! バスがぁ停止するまでぁぁ、ぁ~~動かないでくださぃぃぃ~~~!!!」全盛期の市川團十郎のような放送を大声で流し、他の乗客は怒りを笑いに打ち震えてパニック寸前、後ろの方に座ってる女子高生は「ウケルwww」とか云ってて、山城新吾伍はもはやただの山城新伍と同じくらいぶち切れてて、俺は一人で謎の腹痛に襲われた。

バスを降りる際にもオバハンは田中さんトークに花を咲かせ、まさか田中さんもこんな形で有名になってるとは夢にも思わないだろうけども、とにかく運転手さんは当然「有難う御座います」も云わず、「さっさと出ろ!」とでも云いたげな表情をしていた。


バスの中に平穏が訪れる。
「発車します、ご注意ください」の放送が妙に高揚していた。
窓から外を見ると、オバハンは電話を肩と耳に挟んだままカバンに手を突っ込み、探し物をしながら歩いていたんだけども、この後、木の根っこに躓いてよろけたのを、俺を始めとする乗客の殆どがしっかりと見ており、バス内ではほんの微かな充実感、5位決定戦に勝ったくらいの小さな満足感で溢れ返っていた。


いとをかし、いとをかし
スポンサーサイト

スポンサード リンク






遁世雑記其ノ八 「就活体験記外伝、みんな~狂ってるか!」

名もなき詩/Mr.children



絶望、失望、何をくすぶってんだ
愛、自由、希望、夢、
足元をごらんよ、きっと転がってるさー!









gomi.jpg




ゴミが転がってた。






皆さんいかがお過ごしでしょう。

俺はと云うと、業界・企業研究に2か月費やした第1志望、第2志望に続けて落ちると云う、絶望以外の何物でもないことをやらかしてしまいました。

こんな風に書くとそんなに深刻なダメージがあるように見えませんが、両者、特に第1志望に落ちた日のメンタルの惨憺たるもので筆舌に尽くし難く、眩暈と吐き気に襲われ、見えない将来に対する絶望感から食事も喉を通らず、精神科医からは寝るときは手錠しろと云われる始末(※嘘)、常日頃から「就活は現代社会の歪が生み出した茶番! こんなことに命かける必要なし!」と考えている自分が一番死にたくなってるという、あだ花に実はならぬと云うか、中身が伴ってないといけないね、と思いながら四苦八苦で今日を生きてます。

因みに四苦八苦という四字熟語の由来が気になったので調べてみました。
wikipediaによると、仏教における根本的な四苦(生・老・病・死)の4つに加え、
愛別離苦: 愛する者と別離すること
怨憎会苦: 怨み憎んでいる者に会うこと
求不得苦: 求める物が得られないこと
五蘊盛苦: 五蘊(人間の肉体と精神)が思うがままにならないこと

の四苦を加え八苦とする、とあります。
まさかここ数ヶ月でこの4つ全部体験するとは思ってもみなかったのですが、
そのせいで何やら精神に異常をきたしてしまい、最近はインドア派だった俺がやたらとアウトドアになったり、行動的になったり、女の子に対してフランクになったり、親や親戚、俺をよく知ってくれてる友人からは「最近変わったね」と云われることもしばしば、けれどもよくよく考えるとそうではなく、ただ単に自分を見失い過ぎてるだけなんです。
まぁ、こんな俺でも何だかんだこうして生きてるので、こんなクソみたいな世の中ですけど皆さんも頑張って生きていきましょう(なんだこれ)


それはそうと、この前知り合いと話をしていて、俺はこの遣る瀬無い世の中を一刀すべく「人間は向き不向きがあるのに何故、全員に同じ事を強いるのだ! それでいて大人たちは子供に個性を強要する。個性を摘んでいるのは大人たちの方ではないのか!」とか、「学生も嘘を並べ立てるが、企業関係者はもっと嘘つきではないか。これに耐えうる、或いは道化を演じる精神力が無いと社会ではやっていけぬと云う。このような現況が当然と思っている社会は狂気と荒唐に満ちている。茶番だ!」と、1960年代後半の日本なら問答無用で「こいつ全共闘だからひっ捕らえろ」と云われかねない言動を続けたところ、その知り合いが一言。


「うーちゃん君はあれだね、大正~昭和初期頃に生まれてたら幸せになれたかもしれない」


大正~昭和初期。なるほど。
しかし大正時代と聞いて連想するものは村山富市の眉毛ぐらいしかなかったので、ちょっとこの時期について調べてみることに。すると……


>この時代、田舎の農村などでは、年上の女性が青少年を夜這いする風潮が多々あった


あぁ、これは幸せになれたかもしれない……



しかし逆にこの時代に村八分にあうと都井睦雄みたいな目に成りかねないので、やはり今の日本で生きていくしかないんだね、うんうん、と項垂れていた。

というわけで、こんな俺でも強く生きてます。こんなクソみたいな世の中ですけど皆さんも頑張って生きていきましょう(なんだこれ)




 * * * 


そんなわけで、普通に就活をこなし、普通に就職できる人を尊敬しながら今日も生きてます。
新社会人の方々はおめでとう御座います。
くれぐれも無理をしすぎないように頑張ってください。
身体と心が壊れてからでは元も子もありません。


俺は今後、今のままの就活を続けるか、
はたまた一度しかない、いつ死ぬか分からぬ人生、賭けに出てイレギュラーな道に進むかは熟考しますが、
「スーツを着て企業に出向く」だけが「就活」だとは考えていないので、この就活体験記、



kamesennin.jpg





今後もよろしくお願いします(吐血)



※後日体験談

以降も就活に対して全く身が入らず、新卒至上主義に吐き気を感じるあまり現代の就活を斬りまくる卒論を書くなどして反抗に勇往邁進したが、無事卒業までに就職が決まったことを報告させていただく。
スポンサード リンク







プロフィール

寂々兵

Author:寂々兵
東京の映画祭や名画座に日々指を咥えている田舎在住の一介の映画好き。フリーの事務屋とは名ばかりのふらついた生活を送っています。

好きな監督は
ジャン=ピエール・メルヴィル
ロバート・アルドリッチ
クロード・シャブロル
アレックス・デ・ラ・イグレシア
フリッツ・ラング
岡本喜八
野村芳太郎
など。

最近は専らゼロ年代の北欧ミステリ、海外アニメーション、80年代前後の未DVD化作品の大海をさすらってます。

カウンター

ブログ内検索

人気記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。