スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサード リンク






ババア!そこどけ!『みんなのしあわせ』 78点

La_comunidad.png


みんなのしあわせ(アレックス・デ・ラ・イグレシア/2000西)

当人以外にとってはどうでもいい争いを無駄に壮大なスケールで魅せる天才イグレシア。これもたまたま大金を手にしてしまったオバサンが住民の妨害をかいくぐってマンションから脱出するだけの話なのだが、近所のオバサン同士の喧嘩をまるで世界を賭した頂上決戦のように演出するなど、余りにエモーショナル。頗る面白い。オタク趣味全開だがここまでやられると清々しい。イグレシアはタランティーノと似たタイプの映画オタクの匂いがする。










スポンサーサイト

スポンサード リンク






オッサンは常に悩んでいる『エゴイスト』 67点

the-man.jpg


エゴイスト(ジョージ・ヒッケンルーパー/2001米)

「大事なものは近くにありすぎて気付かない」というクソベタな教訓を、アンディ・ガルシアが1時間40分かけて色んなことをやりながらようやく認識する話。ミック・ジャガーがとてつもない胡散臭さを始終身にまとっているにも関わらず、結局のところ悩める普通のオッサンだったというのは面白すぎるから勘弁してほしい。オリヴィア・ウィリアムズ(33)の圧倒的な暇を持て余した人妻感、満点。人妻・オブ・ザ・イヤー。











スポンサード リンク






革命とおっぱい『バーダー・マインホフ 理想の果てに』 62点

Baader.jpg


バーダー・マインホフ 理想の果てに(ウーリー・エデル/2008独仏捷)

言うまでもなくドイツ版『実録連合赤軍』(若松)、イデオロギーの暴走。砂漠での軍事訓練中に「ドイツの仕事は銀行強盗などの都市ゲリラだから砂漠の演習なんて無意味だ!」とごねるシーンが笑える。ゼロ年代ドイツ映画のいたる所に現れるモーリッツ・ブライブトロイさん曰く"性の解放と革命は同義"らしいので、前半はおっぱいがバンバン登場する(というか全裸の幼女のカットから始まる。良いのかこれ)面白さはまあ普通。











スポンサード リンク






動きまくる『NOVO/ノボ』 78点

29.jpg


NOVO/ノボ(ジャン=ピエール・リモザン/2002仏)

アンナ・ムグラリスの全身から漂う高貴なセックス・アピール、唐突にスカートをたくし上げる仕草、ただただ満点。「静」の映像と音の中をNOVOが動きまくる。猥雑な記憶に囚われたすべての人間が観るべきフレンチロマンスの圧倒的傑作。『メメント』の100倍好き。











スポンサード リンク






カリーナ・ラウに殺されたい『好奇心は猫を殺す』 78点

koukishin.png


好奇心は猫を殺す(チャン・イーバイ/2006中)

地方都市の高級マンションで発生した奇怪なイタズラが殺人事件に発展していく話。『恐怖分子』みたいなことやりたかったのかなあと若干俯瞰的に見てしまうのは否めないが、これはこれで面白い。表向きはただの昼ドラっぽいが、中国富裕層の裏側を抉り出すような演出や構図が見事で、住民が抱えている不倫やら性癖やらの秘密が事件と並行して次々炙り出されていくのが非常に楽しい。気持ち悪いほどコントラストの強いペンキやらオブジェやらと、シックな重慶の街の対比。あと、上品で狡猾でプライド高くて目の焦点が定まってないカリーナ・ラウが最高オブ最高で、映画の中の最高な人妻10人を選出するならぜひノミネートさせたい。











スポンサード リンク







プロフィール

寂々兵

Author:寂々兵
都会の映画祭や名画座に指を咥えながら日々を過ごす田舎在住の一介の映画好き。奇怪、不穏、不条理といったテーマの映画に惹かれますがフランスのラブコメも好きです。最近は80年代前後の未DVD化作品の発掘に邁進中。たまにライターなど。将来の目標はヒモ。

*好きな監督*
ジャン=ピエール・メルヴィル
キム・ギヨン
クロード・シャブロル
エドワード・ヤン
アレックス・デ・ラ・イグレシア
岡本喜八


Twitter
http://twitter.com/CinemaYouth3919

Filmarks
http://filmarks.com/users/Monteiro

カウンター

ブログ内検索

人気記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。