弛緩した不穏と『暗殺のオペラ』 97点

ansatsu.jpg


暗殺のオペラ(ベルナルド・ベルトルッチ/1970伊)

オペラ『リゴレット』の最中に暗殺された反ファシスト闘士である父の死の真相を探るべく田舎町タラを訪れた息子と村人の対峙。妨害をしつつも「ここでは皆が友人だ」と笑うかつての闘士たち、父と息子を混同する不可解な愛人、といった具合に不気味で表層的な(時間が30年前で止まっているような)人間たちのオンパレードでありながら、常に弛緩しきっている演出が更なる不穏を生み出している。遂にはガルシア=マルケス的な田園美と相まっていよいよ懐かしさすら感じてしまう。シュミットの『デ・ジャ・ヴュ』と双璧を成す神話的歴史ミステリの最高傑作に推したい。オールタイムベスト。






※未DVD化

スポンサード リンク






やくざ死すとも渡瀬は死せず『実録 私設銀座警察』 86点

rginza.jpg


実録 私設銀座警察(佐藤純彌/1973日)

渡瀬恒彦といえば断然コレで、登場からわずか1分たらずでパン助に成り果てた女房をぶっ殺し、黒人との間にできた肌の黒い子供を水たまりに放り込んでしまうのだ。その後も薬物中毒の殺人マシーンになったりゾンビになったりとまあとにかく色々と凄いのだが、映画自体も東映やくざ映画の中で個人的に1,2を争う傑作。アメ公へのやり切れない怒りを抱えた復員兵や特攻隊員が闇市というどん底で邂逅を果たし、銀座警察を結成するまでの流れがとにかく面白い。抗争の中で誰がどのように死ぬのかまったく予測が出来ないのもエンタメとして最高で、群像劇の醍醐味も詰まっている。台詞の9割は女絡みのワンワンスタイルマンこと辰兄も色んな意味で素晴らしく、仁義なきシリーズの岩井みたいな有能な参謀役もいいのだが、俺は飄々としたこっちのが好きだなあ。







スポンサード リンク






生首よりも怖い桜田淳子の顔『病院坂の首縊りの家』 76点

rkubikukuri.jpg


病院坂の首縊りの家(市川崑/1979日)

『女王蜂』に比べると豪華絢爛ぶりは落ちるが、その代わり相関図がある程度簡略化しているのと、コメディリリーフ的ポジションの演者が多くおどろおどろしさが控え目になっている。一人二役の桜田淳子が「前作の中井貴恵とは何だったのだろう」と言わしめるほど妖艶で強烈な演技を披露している(首が切断された死体よりも、それを見て驚いている桜田淳子の顔の方が怖い)。そして風貌、職業、喋り方のどこから見渡しても胡散臭い外国人にしか見えない草刈正雄が最高なのは言うまでもない。村川透『白昼の死角』のエルバドル共和国大使を思い出した。







スポンサード リンク






中井貴恵という名の『女王蜂』 73点

rjoou.jpg


女王蜂(市川崑/1978日)

仲代達矢らが寮歌「逍遥の歌」を歌いながら天城の山奥を下るオープニング、時代を飛び越え相関図の複雑さを想起させる場面がいくつか続いてからの、学校のチャイムが鳴り響く中で起こる時計台の殺人、そして唐突に挿入されるタイトルバック!この10分でこここ、これは大傑作だ!と打ち震えたものだが、いざ本編に突入してみると、その複雑怪奇極まる人間関係に着いてゆけず、瞬く間に傍観者と化してしまった。傑作だと思うが、編集がいかに大事か思い知らされる。キャストに歴代金田一映画の大物たちが名を連ね、それに加え仲代達矢、沖雅也、神山繁という変な面々が顔を揃えているのだが、肝心の中井貴恵が豪華絢爛モダンアートっぷりを見事にぶち破ってるなあと気の毒な表情で傍観していた。






スポンサード リンク






頼むからあっち行って『三人の女』 84点

rsan.png


三人の女(ロバート・アルトマン/1977米)

シシー・スペイセク(キャリー)とシェリー・デュヴァル(シャイニングの嫁)という、夜道で出会ったら黙って財布を差し出して逃げたくなる女二人のやり取りが凄いんだが、この絶妙な心の機微であれこれ思い悩んだり人間関係が大きく変わったりする様子なんかはSNSに振り回されている現代とあんまり変わらないんじゃないか?と思ってしまった。二度と観たいと思わないが傑作。ジャニス・ルールの絵だとか、仮宿での一幕、悪夢としか思えないリハビリセンターでの奇行など強烈に印象付いている。ところで本作のキャッチコピー、「1人の女が2人に、2人の女が3人に、そして、3人の女が1人になった」怖い!






スポンサード リンク







プロフィール

寂々兵

Author:寂々兵
都会の映画祭や名画座に指を咥えながら日々を過ごす田舎在住の一介の映画好き。最近は80年代前後の未DVD化作品の発掘に邁進中。将来の目標はヒモ。

*好きな監督*
ジャン=ピエール・メルヴィル
キム・ギヨン
クロード・シャブロル
エドワード・ヤン
アレックス・デ・ラ・イグレシア
岡本喜八


Twitter
http://twitter.com/CinemaYouth3919

Filmarks
http://filmarks.com/users/Monteiro

カウンター

ブログ内検索

人気記事